• 団体旅行
  • 教育旅行

大島汽船/大島防災教育・内湾遊覧

  • 聴く
  • 学ぶ

気仙沼市

  • 遊覧船案内

震災から6年が経過した復興途中の港湾周辺の施設や建設中の巨大防潮堤、緑の真珠と称される大島にかかる大島架橋の工事現場、養殖筏が並ぶ唐桑の景色を洋上からご覧頂ながら、専門ガイドの詳しい説明をお聞き頂けます。

概要

所要時間
約50分
料金
1名1,200円
受入人数
30名~300名まで
定休日
なし
受入時間
8:00~17:00
備考
天候、交通事情、復興工事等により内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

団体・施設からのメッセージ

波穏やかな気仙沼湾を遊覧しながら、気仙沼の今をお伝えします。

教育旅行のポイント

・三陸沿岸特有のリアス式海岸を洋上から見ることによって、複雑に入り組んだ地形がもたらす津波の脅威を知ることができる

お問合せ

【お申込み方法】
TELもしくはFAXでお申込みください

【お問合せ先】
<大島汽船株式会社 本社・大島営業所>
TEL:0226-28-2611
FAX:0226-28-2911
HP→http://www.oshimakisen.com/

案内コース例

乗船

気仙沼エースポート

船上案内

気仙沼内湾

震災後、わずか3か月あまりで復活を遂げた気仙沼市魚市場や、朝日町商工岸壁に建設中の高さ7.2mの防潮堤を洋上からご覧いただき、現在の復興の様子を洋上からご案内します。

船上案内

大島架橋建設現場

震災時、気仙沼大島は完全に孤立状態となりました。現在は島民の命の架け橋ともいえる大島架橋(鶴亀大橋)が建設中です。大規模な建設現場を洋上から見上げることができます。

船上案内

大島瀬戸

牡蠣の養殖いかだが一面に広がる唐桑半島の景色をご覧いただけます。

船上案内

外洋

緑の真珠と謳われる気仙沼大島の、鳴き砂で有名な国の天然記念物に登録された「十八鳴浜(くぐなりはま)」をご案内します。

下船

気仙沼エースポート

30名様以上での貸切運行となります

コースマップ

備考

【乗船場までのアクセス】

東北自動車道一関ICから国道284号経由で約1時間

三陸自動車道志津川ICから国道45号経由で約1時間

 

【駐車場】

バス10台 ※気仙沼市営駐車場利用

周辺情報