• 個人旅行
  • 団体旅行
  • 教育旅行

唐桑半島ビジターセンター・津波体験館

  • 学ぶ
  • 体験する
  • 観る

気仙沼市

  • 体験施設
  • 見学施設

宮城県の最北端に位置する唐桑半島の美しい自然と人々の暮らしや文化を紹介しています。東日本大震災の大津波により甚大な被害にあった悲劇を後世に伝える為、館内には被災状況を撮影した写真を展示しています。津波体験館は、映像とともに音、振動、風などを組み合わせ、津波を疑似体験することができる日本初の施設です。

概要

営業・開館時間
8:30~16:30
定休日
毎週火曜日(当日が祝日の場合は翌日休館)
祝日の翌日(土・日にあたるときは開館)
料金
【ビジターセンター】入館無料
【津波体験館】料金表参照
所要時間
約1時間
(ハイビジョンシアター15分・館内見学30分・津波体験館15分)
予約
10名以上の団体の場合、要予約
(TEL・FAX・HP内のお問合せフォームより予約)
収容人数
1名~120名まで/バス3台まで
備考
津波体験館は定員が48名のため、人数が多い場合はビジターセンター見学と入れ替えで対応

団体・施設からのメッセージ

当ビジターセンターは、三陸復興国立公園・唐桑半島の美しい自然と、ここに暮らす人々とのかかわりを、写真・映像・模型及び津波体験装置などでわかりやすく紹介しています。この展示が、自然と親しみ、また自然と人間とのかかわり合いがいかに深いものであるか理解していただくきっかけとして、お役に立てば幸いです。

料金表

 大人高校生小中学生
個人380円260円160円
団体(10名以上)300円210円130円

教育旅行のポイント

大きな被害をもたらした大津波の歴史と、明治三陸大津波、昭和三陸大津波、東日本大震災の被害の状況を当時の貴重な絵や写真をまじえて解説しており、津波が起こる仕組みなどを学ぶことができます。

お問合せ

<唐桑町観光協会>
TEL・FAX:0226-32-3029
HP→http://www.karakuwa.com/

アクセス

所在地
〒988-0554 宮城県気仙沼市唐桑町崎浜4-3
駐車場
乗用車30台、バス5台
車でのアクセス
東北自動車道一関ICより国道284号・国道45号経由で約1時間30分
気仙沼市街地から国道45号線利用で約30分

周辺情報