「行きたい!」と「来てほしい!」の声をつなぎます。

2011年3月11日。宮城県はこれまでにない大きな災害に見舞われました。
町が姿を変え、たくさんのものを失いました。

それでも、この経験を後世に伝えなければと、活動している方々がいます。
あの日何が起きたのか。これまでの歩み。自然と共に生きるということ。

その思いに触れ、感じ、学び、考える。
みやぎの海べから始まる、明日へ繋がる旅へ出かけてみませんか。

モデルコース

教育旅行をご検討の方へ

スタッフブログ

ブログTOP