スタッフブログ

新しい施設や季節のイベント、地域が誇る絶品グルメなど、みやぎの今を幅広く発信!
日々、県内を回るスタッフがとれたての情報をお届けします。

多賀城市 2019.06.21 NEW

多賀城跡あやめまつり

拍 手0

特別史跡「多賀城跡」のあやめ園で、初夏の訪れを告げる「あやめまつり」が始まりました。
2万1千平方メートルの園内に、800種300万本のあやめ、花菖蒲、かきつばたが植えられています。

色鮮やかで優雅なたたずまいに魅了されます。

まつりは29日(土)まで。期間中の土日にはステージや体験コーナーが設けられるほか、22日(土)までの19時から21時はLEDで園内をライトアップし、日本舞踊などが披露されます。柔らかな光に包まれた幻想的なあやめも、ぜひお楽しみください。


「第31回多賀城跡あやめまつり」
  6月15日(土)から6月29日(土)10時から16時まで(各イベントは雨天中止)
「光のインスタレーション2019」
  6月20日(木)から6月22日(土)19時から21時まで(雨天中止)
多賀城市ウェブサイト ☞ https://www.city.tagajo.miyagi.jp/

(お)

女川町 2019.06.18 NEW

女川市場食堂

拍 手0

女川魚市場の管理棟3階にある「女川市場食堂」。水揚げされたばかりの魚を、刺身をはじめ多彩なメニューで提供します。価格はかなりリーズナブル。市場で働く方々はもちろん、仕事や観光で女川を訪れる方も多く利用しています。

毎朝、大型定置漁場で水揚げされる魚をつかった「刺身定食」(税込み1,300円)をいただきます。
ひと切れが人の舌ほどもあるマグロのほか、タイやヒラメにギンザケ、クジラまで入っている!早めに到着したので他にお客さんがいないのをいいことに、10種の海の幸をじっくりと味わいました。なめろうが一番おいしかったなー。

市場の食堂は、慣れないとちょっと入りにくいイメージがあるかもしれませんが、ここはおしゃれな雰囲気さえ感じます。青い海を眺めながら、宮城の海の幸をおなかいっぱいどうぞ!

女川市場食堂
 6:30~9:00、11:00~14:30(ラストオーダー 14:00)

 宮城県牡鹿郡女川町宮ケ崎字宮ケ崎87(JR女川駅から徒歩15分)

※毎月第3水曜日は「みやぎ水産の日」です。宮城のおいしい海の幸を食べましょう!
宮城県水産総合サイト「サカナップみやぎ」 ☞ https://sakanapm.com/

(お)

松島町 2019.06.14 NEW

円通院のバラ

拍 手0

松島町・円通院のバラが見頃を迎えました。
手入れの行き届いた庭園で、大小色とりどりのバラが楽しめます。


本堂の奥、伊達政宗公の嫡孫光宗公をまつった三慧殿の厨子(ずし)には、支倉常長が西欧から持ち帰った文化が描かれており、ローマを表す「日本最古の洋バラ」やトランプ模様などが確認できます。円通院はこのバラをモチーフにした庭のある「バラ寺」としても知られています。緑に苔むした境内を散策するのは、とても気持ちがいいです。

三慧殿建立当時(1646年)、日本は鎖国の最中でしたが、伊達家は西欧文化を秘蔵として厨子のデザインに残し、徳川幕府に対しては「伊達家の霊廟」と申し立て、決して扉を開けなかったそうです。厨子が公開されたのは、3世紀半も経ってからのことでした。
西洋と日本のつながりを示す、貴重な模様。歴史のロマンがある円通院をぜひ訪れてみてください。

所在地:松島町松島字町内67

(お)