スタッフブログ

新しい施設や季節のイベント、地域が誇る絶品グルメなど、みやぎの今を幅広く発信!
日々、県内を回るスタッフがとれたての情報をお届けします。

気仙沼市 2017.11.10 NEW

第32回「リアス牡蠣まつり唐桑」復活!南町紫神社前商店街グランドオープン!

拍 手0

秋も深まり、寒くなってきましたね。食べ物がおいしい季節となりました♪
気仙沼市では「リアス牡蠣まつり唐桑」が今週末に開催されます!
昨年までは代替イベントとして「唐桑ごっつぉーフェア」が開催されてきましたが、
今年、ついに復活となりました(^^)!

◆◇第32回リアス牡蠣まつり唐桑◇◆
 日時:平成29年11月12日(日) 10:00~14:00
 会場:気仙沼市立唐桑小学校 校庭
 駐車場:特設駐車場あり(無料)

会場では、牡蠣の炭火焼きが振る舞われます。
もちろん、唐桑産の牡蠣などの海産物の販売もありますよ!

お問合わせ先:唐桑町観光協会
TEL:0226-32-3029(唐桑半島ビジターセンター内)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて、同じく気仙沼市の南町紫神社前商店街・魚町内湾商店会の
グランドオープンイベントが開催されます!

◆◇グランドオープンイベント◇◆
 日時:平成29年11月11日(土)~12日(日)
 場所:南町神社前商店街協同店舗 中庭イベント広場

南町紫神社前商店街は9月15日に理容店が開店したのを皮切りに、
続々とお店がオープンしています(^o^)
グランドオープンイベントでは、ライブやよさこい、キッズダンスなど
楽しそうなステージがたくさん!
そして2日とも数量限定のお振舞いがあります
各店舗で協賛セールも開催していますよ!

今週末はぜひ気仙沼へ足を運んでみてはいかがですか?

(まる。)

塩竈市 2017.11.06

塩竈市魚市場と名物ランチ

拍 手1

津波で浸水した塩竈市魚市場が、先月25日に全面リニューアルしました。
生まれ変わった魚市場は、海や魚を身近に感じ学べる施設。高度衛生管理型の荷さばき所、展望デッキ、PR展示室、食堂、加工品販売所、調理スタジオなどを備えています。先月29日のお披露目イベントにはたくさんの人が訪れ、ブランドマグロ「三陸塩竈ひがしもの」を使った鉄火丼など、豊富な海の幸を味わいました。

「今日は中央棟にある食堂で、名物の『舟盛定食(小)』(1,080円)をいただきます♪
食券を買って厨房カウンターに出し、半券をもらってテーブルで待ちます」


ドーーーーーン!!

お・Nた、大漁だーーー!!( ◉Д◉)( ◉Д◉)!!


N「競りで落とされたばかりの魚なので、どれも瑞々しい!
身が大きくて船が沈んじゃいそう~(≧▽≦)」

「う~ん、とろけるような歯ごたえと濃厚な旨み!市場で食べる味はやはり格別です。これで小盛りというからさらに驚き。小鉢の野菜や味噌汁もおいしかった!」

N「11月の平日ランチタイムの舟盛定食は(小)のみの販売ですが、ほかにも唐揚げや煮魚定食などもありますよ♪
また、『海鮮鍋定食』と『舟盛&海鮮鍋定食』は12月から提供を始めるそうです。楽しみですね!」

 ★食堂営業時間:平日7:00~9:30 / 11:00~14:00
         土・日・祝日10:00~15:00
         水曜定休

「生鮮マグロの水揚げが日本で有数といわれる塩竈市魚市場。今後は水揚げする魚種の増加や、観光施設としての機能にも期待が寄せられています」

塩釜市魚市場 塩釜市新浜町1丁目13

N

石巻市 2017.10.27

石ノ森萬画館で『安野モヨコ原画展』

拍 手1

画業20年をこえる漫画家・安野モヨコさんの、選りすぐりの原画を展示するイベントが、石ノ森萬画館で始まりました。初の連載作品『ハッピー・マニア』から現在執筆中の『オチビサン』『鼻下長紳士回願録』まで、代表作のトビラ絵や名シーンが展示されています。
昨年秋に東京池袋・パルコミュージアムで開催されて以来国内で2回目、東北では初めての原画展です。

力強い線や色が多い安野作品ですが、原画からは繊細で美しい線の伸びや微妙なグラデーションが見て取れ、ひと味もふた味も違った楽しみと驚きがあります。作品の世界観に合ったディスプレイが、キャラクターの個性をより引き立たせています。
次々にあらわれる違った世界に、見る側のテンションも上がります。

時代の空気とともに深い共感と高揚をもたらすといわれる安野作品。『ハッピー・マニア』は連載当時僕も読んでいました。女性の価値観、本音と建て前、美しさと醜さ、強さと脆さが描かれ、若かりし僕にはかなり刺激的でした。

シゲカヨ、フクちゃん、タカハシ、みんな懐かしい。幸せを求めて、迷いながら若さとノリで突っ走る漫画でしたね。あの時代の若者の多くがそうだったんだなー。女性の信念を描く姿勢は『さくらん』や『働きマン』にも受け継がれています。

夫でアニメーター・映画監督の庵野秀明さんとの生活を描いた漫画エッセイ『監督不行届』も好きです。そういえば会場のどこかに、作中のキャラクター「ロンパース」と「カントクくん」が隠れているので、ぜひ探してみてください。

描きおろしや単行本未収録原稿もお見逃しなく!

限定グッズの販売や塗り絵のワークショップ、安野作品とコラボした喫茶メニューなど、連動企画も充実しています。さらに東北で初の企画展開催を記念し、11月23日(木・祝)には「安野モヨコトークライブ&サイン会」を開催します!応募方法等詳しくは萬画館公式ウェブサイトをご覧ください。

安野モヨコ原画展 PORTFOLIO 1996-2016
 会 期 2017年10月21日(土)~ 2018年1月14日(日)
 時 間 9:00~18:00 (12月~2月は17:00閉館)
 観覧料 大人800円、中高生500円、小学生200円、未就学児無料(常設展観覧料含む)
 休館日 第3火曜日(12月~2月は毎週火曜日※但し、12月26日と1月2日は開館)

石ノ森萬画館 ☞ http://www.mangattan.jp/manga/

(お)