スタッフブログ

新しい施設や季節のイベント、地域が誇る絶品グルメなど、みやぎの今を幅広く発信!
日々、県内を回るスタッフがとれたての情報をお届けします。

女川町 2017.07.04

ダンボール製「AT-ACT」

拍 手0

映画「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」に登場する4足歩行型輸送機「AT-ACT」が、強化ダンボールで再現され、女川町まちなか交流館ホールに展示されています。
製作したのは「ダンボルギーニ・アヴェンダンボール」で有名な石巻市の資材会社、今野梱包株式会社。ウォルト・ディズニー・ジャパンの依頼により、昨年12月に東京で開かれたイベントで初披露されました。

ダンボルギーニ同様、細部までこだわり抜いた跡が見られます。
自社への愛と誇り、本気の遊び心を感じます。

展示は今月末までの予定です。休館日(第2・第4火曜)にご注意ください。

(お)

県内その他地域 2017.06.26

丸森の猫神さま

拍 手1

かつて養蚕が盛んだった丸森町では、蚕をねずみから守るため各家庭で猫が飼われていました。人々は質のいい繭(まゆ)が取れるように祈り、猫をとても大切にしたそうです。やがて地域のいたるところに猫を祀った石碑が建てられるようになりました。
今も丸森は養蚕の町として知られています。

写真は駒場瀧不動尊愛敬院の境内にある猫神さま。おだやかな顔で少し首をかしげた姿がキュートです。
猫神さまを信仰する文化は他県にもありますが、丸森は日本で一番多くの石碑が見つかっている地域。猫のいろいろな仕草や表情を模した石碑は、見る人に癒しを与えてくれます。
丸森町観光案内所では、バスや徒歩で周辺の石碑を巡るマップを配布しているので、のんびり散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。(※敷地内にある石碑を訪れる際は、マナーを守りましょう)

もちろん、食材王国みやぎならではのグルメも思い切り楽しめます。「蔵の郷土館 齋理屋敷」の店蔵にある「大正ロマン喫茶」では、四季折々の旬な食材を使ったランチが人気です。
こちらは6月のおすすめランチ(税込850円)。
《六穀米ご飯(丸森産こしひかり)・棒棒鶏・スナップエンドウとエビのあんかけ・青菜のナムル・竹の子のピリ辛・酸辣湯風スープ・デザート》

ほかにも養蚕の町ならではの「繭細工体験」や、東北第二の大河・阿武隈川を進む「阿武隈ライン船下り」など、丸森には独特の自然文化を生かした観光素材があります。

今年の夏は、宮城で素敵な思い出をつくりませんか?
「涼・宮城の夏」仙台・宮城【伊達な旅】夏キャンペーン2017
 http://www.sendaimiyagidc.jp/poster/

(お)

全般 2017.06.19

花の彩り 町に、心に

拍 手0

花にはちからがあります。

沈んだこころをぱっと明るくしてくれたり、
なにげない日常の小さなしあわせに気づかせてくれたり。

キッチンブーケをテーブルにぽんっと置いただけでも、部屋の雰囲気が華やぎますよね^^


今回は今見ごろのバラを楽しめる場所について、いくつかお伝えしたいと思います。

こちらは石巻市雄勝地区にある「雄勝ローズファクトリーガーデン」です。
周辺は東日本大震災時、津波の被害が大きかった地域。
このガーデンのある場所にも、以前はお家がありました。

震災で色を無くしてしまったこの場所に、そこに住んでいた方や、たくさんのボランティアの方々が少しずつ、お花を植えていきました。
震災から6年が経った現在でも、遠くからたくさんのボランティアの方々が訪れています。

四季折々様々な花が楽しめますが、ガーデンの名前の通り、バラが咲き乱れるこの時期がやっぱり一番豪華!
甘い香りにつつまれながら、おしゃべりにも花が咲きそうですね^^

クレマチスも素敵^^

こちらのガーデンは、道路拡張等のために50mほど山側の場所に移設されることとなり、現在作業が進められています。
新たな場所で始まるガーデンの花物語もとっても楽しみですね!


□雄勝ローズファクトリーガーデン http://ogatsu-flowerstory.com/



こちらは、女川町にある女川原子力発電所PRセンターの「スイートガーデン」です。
1年を通して様々な花が楽しめるガーデンでは、現在バラのトンネルが見ごろ!(くぐりごろ?)
少し花びらを落としはじめていますが、バラの絨毯みたいで素敵です!

真紅のバラに包まれて、外からみても豪華ですね!

70種類ほどのバラが見ごろを迎えている6月は「ローズガーデンフェア」を開催中です。
バラをバックにした記念写真のプレゼントも行っています。


□女川原子力発電所PRセンター http://www.tohoku-epco.co.jp/pr/miyagi/onagawa.html






最後にご紹介するのは、仙台市にある「泉ボタニカルガーデン」。
七北田ダムの湖畔にある自然植物園です。

丘陵地の広大な敷地に、季節ごとの美しい花や草木が植えられており、芝生広場には遊具やカフェスペースもあって、こどもから大人まで皆で楽しめる植物園となっています。

バラのアーチ。
この日は温かな日差しが降り注いでいて、初夏の光をたくさん浴びてバラたちはキラキラと輝いていましたよ。
様々な種類の花を愛でながら、ゆっくりと散策してみてはいかがでしょうか^^


□泉ボタニカルガーデン http://www.izumi-green.co.jp/botanical/index.html





これからの梅雨の季節は、雨にしっとり濡れた紫陽花やアヤメも楽しみですね。
また取材してお伝えできればと思います^^


(N)







〈おまけ〉

ボタニカルガーデンの看板犬、チェリーに会いにきてね!