スタッフブログ

新しい施設や季節のイベント、地域が誇る絶品グルメなど、みやぎの今を幅広く発信!
日々、県内を回るスタッフがとれたての情報をお届けします。

全般 2017.12.26

宮城の女子旅 インスタグラムコンテスト「あなたの温泉物語」

拍 手0

宮城県観光連盟の「宮城の女子旅 インスタグラム投稿コンテスト」第2弾開催中!
今回の撮影テーマは「あなたの温泉物語 in 宮城」です。
連盟公式アカウント@triptomiyagiをフォローし、「#温泉王国宮城」をつけて投稿してください♪

先日結果が発表された「温泉総選挙2017」で、鳴子温泉郷が東北エリア総合1位になるなど、宮城には魅力的な温泉がたくさんあります。ぜひ冬の景色やグルメと一緒に楽しんでくださいね(^o^)
詳しくは専用ウェブサイトをご覧ください ☞ http://www.miyagi-kankou.or.jp/triptomiyagi/

ご参考に、県内の温泉地の魅力を捜査する「みやぎ湯渡軍団」もどうぞ(^o^)
 ☞ https://www.yuwatari.jp/

写真は作並温泉・元湯鷹泉閣 岩松旅館の木造階段です。88段を降りた先に天然の岩風呂があります。
広瀬川の渓流を眺めながら楽しむ、源泉かけ流しの名湯です♪

(お)

全般 2017.12.21

1951年の宮城

拍 手1

アメリカ人医師だった故・ジョージ・バトラーさんが、1951(昭和26)年に宮城県沿岸部で暮らす人たちを撮影した写真が、ウェブサイト「Miyagi 1951ー宮城 1951」で公開されています。
当時、従軍医として松島キャンプに駐留していたバトラーさんは、石巻や東松島、塩竈、仙台などを巡って、働く人、遊ぶ子どもたち、街並みや自然などの写真を撮りました。当時の日本ではまだ普及していなかったカラー写真の数々はとても珍しく、どれも貴重な記録です。
たくましくいきいきした人々の表情や美しい里山の風景は、見る人に元気を分けてくれるようです。

私がいちばん驚いた写真は、松島にありました。
宮城県が外国人観光客誘致のため1913(大正2)年に建設した「松島パークホテル」の姿です。設計はチェコの建築家故ヤン・レツルさん。優れたデザインのパークホテルは松島のシンボルのひとつといわれましたが、1969(昭和44)年に火災で焼失してしまいました。これほど鮮明な写真を見るのは初めてです。レツルさんは、後に広島県物産陳列館(原爆ドーム)も設計しました。
歴史の勉強が苦手な私でも、写真からいろいろ学べるのはとても有難いし、とても楽しい!

ウェブサイトはジョージさんの息子アラン・バトラーさんが運営し、公開写真の情報を募っています。
何度も見ると新しい発見があります。もしかしたら、みなさんのご親族やお知り合いが写っているかもしれませんよ(^o^)

●「Miyagi 1951ー宮城 1951」
 ☞ https://www.miyagi1951.com/ 

(お)

仙台市 2017.12.12

SENDAI光のページェント

拍 手0

仙台の冬を彩る「SENDAI光のページェント」が8日、青葉区の定禅寺通で始まりました。
60万個のLED電球をまとった160本のケヤキが、杜の都をあたたかく照らします。

32回目を迎えた今年のテーマは「みんなで灯す、心の明かり」。旬の素材が楽しめるキッチンコーナーや、コンサートなどの多彩なイベントも、師走の街をさらに盛り上げます。
今月31日まで。

公式ウェブサイト ☞ http://www.sendaihikape.jp/

(お)