スタッフブログ

新しい施設や季節のイベント、地域が誇る絶品グルメなど、みやぎの今を幅広く発信!
日々、県内を回るスタッフがとれたての情報をお届けします。

県内その他地域 2020.01.17

丸森「へそ大根」

拍 手2

丸森町に伝わる冬の特産品「へそ大根」(凍み大根の一種)。
皮をむき、厚さ2.5センチで輪切りにした大根を大鍋で茹で、串に刺して1カ月ほど寒風にさらして乾燥させた保存食です。夜の寒さで凍って、昼の日差しで溶けて・・を繰り返すことで水分がとんで旨味が凝縮し、飴色のへそ大根が出来上がります。串を刺した穴が「へそ」のように見えることから「へそ大根」と呼ばれています。
今季は台風19号の被害で生産量が減ってしまいましたが、農家やボランティアの皆さんの努力により、町内の直売所などで販売されています。

写真は丸森物産いちば八雄館で買った「へそ大根」。へそ大根を使った料理は、煮物のほかポトフやキムチ、肉詰めなど様々です。ぜひいろいろ試してみてください。同館では、町内で採れた新鮮な野菜や加工品、そうざいなどを販売しています。また、町内の飲食店では「へそ大根」を使ったメニューも楽しめます。

※現在も一部通行止めや片側通行の道路がありますので、ご注意願います。


丸森町観光案内所 ☞ http://marumori.jp/

(お)