スタッフブログ

新しい施設や季節のイベント、地域が誇る絶品グルメなど、みやぎの今を幅広く発信!
日々、県内を回るスタッフがとれたての情報をお届けします。

東松島市 2017.12.07

鮫ヶ浦水曜日郵便局

拍 手0

あなたの水曜日の日常を、知らない誰かに宛てて綴ってみませんか?

東日本大震災の被害に遭った東松島市宮戸島に、水曜日だけ開く郵便局ができました。自分に起こった水曜日の出来事を手紙に書いてそこへ送ると、代わりに別の誰かが書いた水曜日の手紙が届くという、ちょっと不思議なプロジェクトの始まりです。

きのう開局した「鮫ヶ浦水曜日郵便局」は、美しい自然が残る宮戸島の、大鮫隧道とよばれる手堀りのトンネルを通った先にあります。

60メートルほどの真っ暗なトンネルを進んでいくと、小さな光が近づいてきます。光を目指してゆっくり歩いていると、なんだか時間や空間を飛び越えているような感覚にとらわれます。違った世界につながるような、静かで神秘的な空間です。

トンネルを抜けると、美しい入り江が広がっていました。
ここは縄文時代の人々が暮らした場所であったり、爆弾を積んだ特攻艇「震洋」の訓練所であったり、小さな漁港であったりした場所です。長い歴史のある東松島の地域資源は、ロマンあふれる手紙のストーリーを盛り立ててくれます。

今は無人のこの場所に水曜日郵便局のシンボル「灯台ポスト」が設置され、きのう初めて手紙が配達されました。ここに届いた手紙は、個人情報を伏せたうえで同じく手紙を送った誰かへ無作為に転送されます。平成25年に熊本県で始まったこのプロジェクトは、ファンタジー性のあるコンセプトが話題を呼び、開局中の3年間に約1万通の手紙が交わされたそうです。

手紙でしかできない温かい心のつながりを、ぜひ感じてみてください。公式ウェブサイトからダウンロードする専用の便箋を使って、誰でも、どこからでも参加できます。期間は1年間の予定です。
手紙の送り先など詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。

鮫ヶ浦水曜日郵便局 ☞ https://samegaura-wed-post.jp/

(お)