• 個人旅行
  • 団体旅行
  • 教育旅行

女川町語り部ガイド(バス案内)

  • 聴く
  • 学ぶ

女川町

  • バス案内

東日本大震災発生を機に立ち上げ、活動を始めた語り部ガイドです。町全体が甚大な被害を受け、1000年先にもこの教訓を伝えていきたいという思いから、震災当時の様子や被災状況、体験談など、震災を語り継ぐ活動を行っております。
現在では、復興状況など町づくりについてのお話も交えてご案内しており、被災地域の中でも唯一「防潮堤を造らない」町として、あくまでも「減災」を意識した町づくりをしています。

概要

所要時間
約1時間30分(ご要望により調整可能)
料金
<①、②のどちらかをお選びください>
①1人あたり1,000円(そのうち500円分を町内商店で使用できる地域通貨として還元)
②バス1台につき5,000円(地域通貨はつきません)
受入人数
10名~120名まで/バス3台まで
定休日
不定休
受入時間
9:00~17:00頃(応相談)
備考
・バスはお客様手配となります。
・天候、交通事情、復興工事等により内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

団体・施設からのメッセージ

震災により大きな被害をうけた町が新しく生まれ変りつつあります。防潮堤を造らない事で女川駅から一直線に海が見える街並みです。駅前商業エリアには、テナント型商店街「シーパルピア女川」、地元市場「ハマテラス」も完成し、食事、買い物も楽しめます。新しいスタートをきった女川町でお待ちしております。

教育旅行のポイント

・自分たちの町の防災などについて、もう一度再確認できるようになること。
・自分のふるさとの大切さなどを実感するきっかけとなること。
・当たり前の生活の大切さ、いのちの大切さに気がつくこと。

お問合せ

【お申込み方法】
TELもしくはFAXでお申込みください。
FAXの場合は女川町観光協会HP内にある「語り部ガイド申込書」をご利用ください。

【お問合せ先】
<女川町観光協会>
TEL:0225-54-4328
FAX:0225-54-3361
HP→http://www.onagawa.org/

案内コース例

ガイド待ち合わせ場所

バス移動

女川駅ロータリー

バス移動

車中案内

バス移動

語り部ガイドによる町内案内(約30分)

魚市場周辺や女川いのちの石碑が設置してあるところなどを震災当時の様子や復興状況などについてお話しします。

バス移動

下車案内

徒歩移動

JR女川駅(約10分)

ウミネコが羽ばたく様子をイメージした白い大きな屋根が特徴の女川駅。1階が改札口、2階には女川温泉ゆぽっぽが併設し、女川の新たなシンボルとなっています。
バスを周辺駐車場に停め、女川駅3階の展望台に上がって震災当時の様子や現在の様子などを説明します。

徒歩移動

下車案内

徒歩移動

女川町まちなか交流館(約10分)

女川町まちなか交流館ロビーにて展示してあるパネルや模型を使用し説明します。
(毎月第2・4火曜日は定休日となります)

徒歩移動

下車案内

徒歩移動

震災遺構 女川交番(約10分)

津波の引き波により横倒しになった交番。震災遺構として保存が決定しました。今後、女川交番を含めた周辺エリアにメモリアル公園が設備される予定で、現在はフェンス越しに見学が可能です。

徒歩移動

自由散策

徒歩移動

シーパルピア女川・地元市場ハマテラス(約30分)

テナント型の商業施設「シーパルピア女川」と、海をコンセプトとした観光物産施設「地元市場ハマテラス」を自由散策します。女川駅から海へまっすぐのびる遊歩道沿いに構えており、飲食や水産加工品、お土産品などを購入することができます。

徒歩移動

ガイド終了

JR女川駅周辺駐車場

コースマップ

備考

・案内箇所や語り部ガイドの内容については、ご依頼者と相談の上決定しております。
・現在も継続して新しい町づくりが行われておりますので、語り部ガイドとの待ち合わせ場所やコース等が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
・オプションで講話を入れることも可能です。詳細はお問合せください。

周辺情報