• 団体旅行
  • 教育旅行

気仙沼震災復興語り部

  • 聴く
  • 学ぶ

気仙沼市

  • バス案内
  • 出張語り部

2011年3月11日、午後2時46分に発生した東日本大震災により、気仙沼市は未曾有の被害を受けました。そんな被害を乗り越えて逞しく生き抜く人々の様子を話す団体を結成しました。講師陣として、行政関係者、避難所管理者、仮設住宅住民、ホテル社長、寿司職人、元消防長、住職、神主、自治会長など多種多様の構成メンバーとなっており、市全体が一丸となって気仙沼の今を伝えます。

概要

所要時間
1時間~
料金
料金表参照
受入人数
10名~160名程度/バス4台まで(少人数の場合、バス4台以上の場合は要相談)
定休日
なし
受入時間
8:30~17:00
備考
・バスはお客様手配となります。天候、交通事情、復興工事等により内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。・遠方まで出張講話も行っております。

団体・施設からのメッセージ

様々な専門知識をもった語り部ガイドが、「海と生きる気仙沼」の今を伝えます。防災教育旅行や視察に是非ご活用下さい!

料金表

 1時間2時間3時間
大津波体験語り部(一般対象)3,000円5,000円8,000円
防災教育語り部  (高校生以下対象)2,000円3,000円5,000円

※全てバス1台当たりの料金

教育旅行のポイント

震災を体験した様々な職種の30名を越える語り部が専門の知識や経験を生かし、被災時の体験やその後の対応や、復興へと向けた歩みについてお話します。

お問合せ

【お申込み方法】
気仙沼観光コンベンション協会HP内の専用申込用紙に記入しFAXにて申込み(利用日の7日前まで)

【お問合せ先】
<気仙沼観光コンベンション協会>
TEL:0226-22-4560
FAX:0226-22-9280
HP→http://www.kesennuma-kanko.jp/

案内コース例

ガイド待ち合わせ

バス移動

気仙沼「海の市」

気仙沼内外の方々に親しまれてきた海鮮市場「海の市」。震災により甚大な被害を受けて休業せざるをえなくなりましたが、2014年7月にグランドオープンを迎えました。

下車案内

バス移動

防潮堤建設工事現場

朝日町の商港岸壁に建設中の海抜7.2mの巨大防潮堤を間近にご覧いただきます

車中案内

バス移動

気仙沼市魚市場周辺

日本最大級の魚市場であり、特にカツオ、サンマ、サメ、メカジキなどは全国屈指の水揚げを誇ります。2階には長さ354mの見学デッキが設けられ、活気ある市場を真上から見学することができます。

車中案内

バス移動

内湾地区

港町気仙沼の中心地として賑っていた内湾地区でしたが、津波により大きな被害を受けました。現在は復興へ向けて工事が進められています。

ガイド終了

気仙沼「海の市」

ご要望に応じて様々なコース設定が可能です。(岩井崎コース・唐桑コースなど)

コースマップ

周辺情報