スタッフブログ

新しい施設や季節のイベント、地域が誇る絶品グルメなど、みやぎの今を幅広く発信!
日々、県内を回るスタッフがとれたての情報をお届けします。

女川町 2020.02.07

旧女川交番

拍 手1

女川港から100メートルほどの場所にあった「旧女川交番」は、東日本大震災の津波で建物が横倒しになりました。
現在、被害を後世に伝える震災遺構として、被災当時の姿で保存する工事が進められています。

周辺エリアは5メートルかさ上げされ、メモリアル公園に整備されます。
現在エリア全体が工事中のため、旧交番を近くで見ることはできませんが、完成後は柵から見下ろせるようになり、周囲には復興への道のりを記したパネルなども整備されます。

女川町は土地の活用や景観を考慮した結果、大きな堤防を作らず、代わりに居住地、市街地、メモリアル公園・漁港施設の各エリアを階段状に造成し、東日本大震災と同規模の津波が発生しても、居住地までは波が来ない構造にする計画を立てました。
宮城を訪れる際は、地域によって復興へのまちづくりに違いがあることも、ぜひ感じてほしいと思います。


また、来週末の2月15日(土)・16日(日)には、商業エリアの「ハマテラス」でカキまつりが開かれます。一口で頬張れないほど大きく濃厚な味わいで知られる女川湾のカキを、この機会にぜひお楽しみください。

女川町観光協会 ☞ http://www.onagawa.org/

(お)