• 個人旅行
  • 団体旅行
  • 教育旅行

奥松島縄文村歴史資料館

  • 観る

東松島市

  • 見学施設
  • 作る
  • 歴史

宮戸島にある国史跡「里浜貝塚」から出土した縄文土器や骨角器、人骨、当時の食生活がうかがえる魚介類獣の骨などを展示している施設です。

概要

営業・開館時間
9:00~16:30
定休日
毎週水曜日(祝日の場合は開館)・年末年始
料金
料金表参照
所要時間
【施設見学・体験】40分~2時間程度(体験内容による)
【震災講話】30分~60分
【DVD上映】10分
※各種体験の所要時間は奥松島縄文村歴史資料館HP参照
予約
平日に体験学習を希望する場合や、団体での来訪時は予約必要/TEL・FAX(HPに専用申込用紙あり)・メール
収容人数
1名~60名まで/バス2台まで

団体・施設からのメッセージ

貝塚は縄文人のタイムカプセルです。資料館では、4500年以上も宮戸島に暮らした縄文人の人々の暮らしと知恵を分かりやすく紹介しています。縄文から続く奥松島の風景の中で、縄文を体感・体験してみませんか?皆様のお越しをお待ちしております。

料金表

 一般高校生小中学生
個人400円300円150円
団体(20名以上)300円200円100円

内容

東日本大震災を受けて、防災教育の観点から「震災と縄文人」と題した講話や、東松島市宮戸の震災から復興までを記録したDVD「縄文人からの贈り物」の上映も行っています。

教育旅行のポイント

・土器のかけらや貝殻・骨などに実際に触れられる「貝塚見学」をはじめとした体験などを通し、縄文時代の生活を学ぶ
・震災講話や映像視聴により、東松島の震災から復興までの道のりを学ぶ

お問合せ

<奥松島縄文村歴史資料館>
TEL:0225-88-3927
FAX:0225-88-3928
E-mail:jomon@city.higashimatsushima.miyagi.jp
HP→http://www.satohama-jomon.jp/

アクセス

所在地
〒981-0412 宮城県東松島市宮戸字里81-18
駐車場
乗用車30台、バス5台(予約不要)
車でのアクセス
三陸自動車道鳴瀬奥松島ICより車で約20分
JR野蒜駅より車で約10分