• 個人旅行
  • 団体旅行
  • 教育旅行

東松島震災復興祈念公園
震災復興伝承館

  • 学ぶ
  • 祈る
  • 観る

東松島市

  • 見学施設

震災の記憶と教訓を広く後世に伝えるため、旧野蒜駅プラットホーム(震災遺構)、追悼の広場、震災復興伝承館を設置しました。
「東松島市震災復興伝承館」の館内には、被災前後の写真パネルの展示や大型スクリーンがあり、震災当時の記録映像を視聴することができます。防災・減災の取り組みを学ぶ場として、ぜひご活用ください。

概要

営業・開館時間
[伝承館]9:00~17:00
定休日
[伝承館]毎月第3水曜日・年末年始
料金
[伝承館]入館無料
所要時間
[伝承館]40分~1時間
予約
[伝承館]10名以上の団体の場合、要連絡/TEL
収容人数
[伝承館]1名~40名まで(映像視聴座席数40席、立見であれば60名まで可)、バス1台まで

団体・施設からのメッセージ

東松島市図書館のホームページ(http://www.lib-city-hm.jp/lib/2012ICT/shinsai2012.html)では、震災による被害状況の写真や地域の人々の体験談をまとめた動画を公開しています。(子ども達の体験談もあり)事前学習にご活用ください。

内容

●東松島市震災復興伝承館
<1階 施設内及び周辺地域のインフォメーションコーナー>
展示スペース【テーマ:復興に向かう現在の東松島市】
・復興まちづくり、環境未来都市情報発信コーナー
・復興の森づくり紹介コーナー
・青いこいのぼりプロジェクト紹介、応援メッセージ記入コーナーなど

<2階 展示スペース【テーマ:東松島市の震災の記憶・教訓】>
・被害状況や復旧、復興過程の記録写真パネル展示
・震災アーカイブ映像の上映(座席数40)

●旧野蒜駅プラットホーム
津波の威力でゆがんだ線路や折れ曲がった柱などが、震災直後の姿のまま震災遺構として残されています。※震災遺構内に立ち入ることはできません

●広場
東日本大震災で犠牲になられた方への追悼と鎮魂を祈念する慰霊碑と犠牲になった方々の名前を刻んだ芳名板があります。芳名板は9:30から16:30まで毎日開扉しています。波模様を施したモニュメントの頂点は津波到達高さと同じ3.7mになっています。

教育旅行のポイント

同じ悲劇を繰り返さないためには、東日本大震災の記憶を風化させないこと、被災者が経験したつらい体験を自分ゴトとして受け止め、災害発生時にひとりひとりができることを考え、行動につなげていく力を育んでいくことが必要です。震災復興伝承館では、記録映像の視聴を通じて、津波襲来時の様子や命をつなぎとめるため、東松島の人々がどんな行動をとったのかについて、学ぶことができます。

お問合せ

<東松島市震災復興伝承館>
TEL:0225-86-2985

アクセス

所在地
〒981-0411 宮城県東松島市野蒜字北余景56-36(旧JR野蒜駅)
駐車場
【東側】乗用車17台、障害者用2台
【西側】乗用車53台、大型車5台
車でのアクセス
三陸自動車道鳴瀬奥松島ICより車で約10分
電車でのアクセス
JR野蒜駅より徒歩15分

備考

・東松島市サイト内 震災復興伝承館ページ
 HP:https://www.city.higashimatsushima.miyagi.jp/index.cfm/19,647,64,html

・施設周辺は復興工事が行われており、交通面や駐車場面ではご不便をおかけしております。交通事情については、来訪前にお問合せいただくことをおすすめしています。

・時間に余裕のある団体については、施設周辺の震災発生当時の様子や復興まちづくりの様子をバス等に同乗してご案内する語り部ガイドのご利用がおすすめです。詳しくは、東松島市観光物産協会(0225-87-2322)までお問合せください。

●●●関連ブログ記事●●●

東松島市震災復興慰霊碑(2017.11.12)

周辺情報