• 団体旅行
  • 教育旅行

コミュニティスペース うみねこ

  • 体験する

女川町

  • ボランティア体験

女川町高白浜に唯一残った建物を再活用し、加工場兼コミュニティカフェ「ゆめハウス」として復活させました。
被災者が自立するための施設として、着なくなったTシャツを利用した布草履製作や木工製品制作販売、イチジクやトウガラシを栽培する果樹園活動を行っており、ボランティアと被災者の交流の場としても利用されています。

内容

<ボランティア作業体験内容>
 ・農作業(唐辛子・ニンニク・イチジク等を育て収穫しています。)
 ・布草履等クラフト商品の梱包、発送作業 ・木工製品の製作など

※震災当時の様子、現在までの経緯などを紹介し語り部ガイドの要素にも対応可能です。出張講演についてもご相談ください。

概要

受入団体 一般社団法人コミュニティスペース うみねこ
所要時間 2時間程度~
作業・体験場所 要確認
駐車場 乗用車20台、バス2台
受入時間・時期 【定休日】毎週木曜日
【受入時間】9:00~15:00
受入人数 10名~80名程度まで/バス2台程度まで
料金 1名500円(税込)
備考 天候等により内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

団体・施設からのメッセージ

来訪して地元の人たちと交流することで感じられることがたくさんあると思います。
私たちに力を貸してください。

教育旅行のポイント

工房や果樹園の手伝いを行い、地元の方と交流する中でボランティアの意義を実感できます。

お問合せ

<一般社団法人コミュニティスペース うみねこ>
TEL・FAX:0225-25-7486
HP→https://www.onagawa-umineko.com/
※HPのお問合せフォームからもお問合せいただけます

アクセス

作業・体験場所
〒986-2226
宮城県牡鹿郡女川町高白浜字高白25-2
車でのアクセス
三陸自動車道石巻女川ICから国道398号線で約30分