スタッフブログ

新しい施設や季節のイベント、地域が誇る絶品グルメなど、みやぎの今を幅広く発信!
日々、県内を回るスタッフがとれたての情報をお届けします。

拍 手0

七ヶ浜町「海の駅 七のや」のアンテナショップで、「ラプラス+宮城巡り」特設コーナーを見つけました。

宮城の名産品とラプラスがコラボした、クオリティの高い商品がならんでいます。
ポケモンがデザインされたマンホール蓋「ポケふた」も、すぐ近くにあります。外国人観光客の方々も見物に訪れるそうで、さすが世界のポケモンですね。

今日の昼ごはんは、ここで買った「はらこ飯」。なんと480円(税別)です。美味しかったのでもうひとつ食べようかな。
でも、先日の健康診断でシャレにならない結果を出してしまったので、がまんがまん。

食後の運動も兼ね、松島四大観のひとつ「多門山」の撮影に。間近に見る松島湾の美しい島々にうっとり。多門山一帯は公園として整備されているので、ゆっくり散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。

●シチノリゾート ☞ https://www.shichinoresort.com/
●七ヶ浜町観光協会 ☞ http://shichigahama-kanko.com/
●ラプラス+宮城巡り観光キャンペーン ☞ https://laplace-miyagi.jp/

(お)

拍 手0

せんだい3.11メモリアル交流館で、先月末から企画展「継承のしさく―小森はるか+瀬尾夏美―」が始まりました。

アートユニット・小森はるか+瀬尾夏美が、震災後の陸前高田市を舞台につくった映像作品「二重のまち/交代地のうたを編む」を中心に、震災体験の語りを他者へ引き継ぐことを考える、記録と実践の展示です。

ふたりは、陸前高田市の復興過程を目の当たりにするなかで、生活の落ち着きとともに、震災体験の語りが「当事者」から「当事者ではない(と思っている)人たち」へと引き継がれる機会が必要になってきていると感じ、2018年から両者の出会いの場をつくりはじめました。

仙台市域における語り継ぎについても考える場をつくろうと、東部沿岸地域の元住民と仙台市域の若者が一緒に歩くフィールドワークや、互いの声を聞きあうワークショップを開きました。その記録もあわせて展示しています。
12月28日(土)まで。

せんだい3.11メモリアル交流館 ☞ http://sendai311-memorial.jp/

(お)

拍 手1
山元町農水産物直売所「やまもと夢いちごの郷」で、今週末の9日(土)・10日(日)に「来場者50万人達成ありがとう☆記念イベント」が開かれます。
購入総額1,000円以上で新米1合プレゼント(先着100名)のほか、規格外などの訳あり野菜や果物を産直ならではの特価で販売する「激安特価!訳あり市」、磯浜漁港で水揚げされたつぶ貝のつかみ取り(1回100円)、新米ミニおにぎりの振る舞い(先着50名)など、感謝の気持ちを込めた盛りだくさんのイベントです。

ことし2月のオープン以来、夢いちごの郷には県内外から多くの人が訪れ、10月14日に来場者50万人を達成しました。
ぜひこの機会に、県南山元で旬の食材を味わってください。

やまもと夢いちごの郷 ☞ https://yumeichigo.jp/

(お)