スタッフブログ

新しい施設や季節のイベント、地域が誇る絶品グルメなど、みやぎの今を幅広く発信!
日々、県内を回るスタッフがとれたての情報をお届けします。

県内その他地域 2018.08.17

旧有備館および庭園

拍 手0

宮城県北部にある大崎市。「有備館(ゆうびかん)」は、江戸時代の仙台藩家臣・岩出山伊達家が開いた学問所です。現在は庭園とともに、国の史跡・名勝に指定されています。
東日本大震災では主屋(おもや=写真上)が倒壊し、庭園の各所に地割れや陥没が発生しましたが、2016年に復旧工事が完了し、すべて見学できるようになっています。

座敷から一望できる庭園は、四季折々の景色が楽しめます。

素朴で美しい意匠の欄間や障子も必見です。

国指定史跡・名勝「旧有備館および庭園」
 所在地:大崎市岩出山字上川原町6
 入場料:個人 一般300円、高校生200円、小・中学生150円
     団体(20名以上)一般240円、高校生160円、小・中学生120円

(お)

拍 手0

夏休みや帰省を利用して、東日本大震災の被害と復興を学んでみませんか?
宮城県沿岸部情報サイト「みやぎ海べの旅案内」では、県内沿岸部を中心とした震災伝承施設や復興商店街などを紹介しています。
震災の教訓を学んで、次の災害への備えにつなげましょう。買い物をしたり美味しいものを食べたりするのも、復興の大きな手助けになります。この夏はぜひ宮城の沿岸部へ。


みやぎ海べの旅案内http://miyaumi.info/
 ●震災遺構や伝承施設などを観る ☞ http://miyaumi.info/search/purpose5.html
 ●復興商店街などで食べる・買う ☞ http://miyaumi.info/search/purpose6.html

(お)

名取市 2018.08.11

北限のしらす

拍 手0

閖上の新しい特産品「北限のしらす」。
東日本大震災以前、しらす漁の北限は福島県沖でしたが、去年の夏から閖上漁港で本格的な操業が始まり、今では仙南4地区で水揚げされるようになりました。
栄養豊富な海で育ち、よく脂ののった閖上のしらすは、カルシウムやビタミンなどを多く含んでいます。

こちらは、ゆりあげキッチン&ギャラリー メイプル館の「漁亭 浜や」で提供が始まった「生しらす丼」。しらすは釜揚げが有名ですが、水揚げ地ならではの新鮮な生しらすも味わってみませんか?
涼しげな見た目に、さわやかな味と歯応えが夏にぴったり。おろしショウガと相性抜群です。税込1,000円。

閖上漁港近くの水産加工団地では、しらすのほかに赤貝やカレイ、小女子などを使ったこだわりの逸品がそろっているので、こちらもぜひお立ち寄りください♪

(お)