• 団体旅行
  • 教育旅行

奥松島観光ボランティアの会(車窓/登山ガイド)

  • 聴く
  • 学ぶ

東松島市

  • 震災学習
  • まち歩き
  • バス案内

更新日:20200918

震災前から、景勝地・奥松島の豊かな自然を案内してきた「奥松島観光ボランティアの会」。現在は、バスに同乗し、震災前と震災後の変化や当時の様子、復興の状況等を伝える活動も行っています。松島四大観のひとつ「大高森」を案内するガイドもございます。

概要

所要時間
約2時間
料金
ガイド1名につき3,000円
(車窓ガイド+大高森登山ガイドの行程でもガイド1名につき3,000円)
受入人数
バス3台まで
1名~/自家用車対応可
定休日
なし
受入時間
9:00~17:00頃まで(冬季は15:30頃まで)
備考
車両はお客様手配となります。
天候、交通事情、復興工事等により内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

団体・施設からのメッセージ

かつては観光地として多くの人が訪れた東松島市。震災についてお話するだけでなく、東松島市の観光がさらに発展していくことを伝えます。

内容

<車窓ガイド>約2時間
お客様のバス等にガイドが同乗し、東松島市野蒜・宮戸地区など観光・景勝地だった場所をめぐり、震災前後の変化や当時の状況・体験談などをお話しします。
※基本コースはページ下部に記載

<「大高森」登山ガイド>約1時間
松島四大観の一つ、大高森をご案内します。頂上展望台からは、北に栗駒山、西に松島湾が箱庭のように望めます。しかし、東に見える野蒜海岸、洲崎地区などには、被災地の現状が広がっています。観光スポットのガイドと併せて被害状況や当時の状況について説明します。
※片道20分程度の登山になります。歩きやすい履物でご参加ください。
※30名様以上のお客様には、安全上、前後にガイドがつきますので、ガイド2名でのご利用をお願いしております

●車窓ガイドと大高森登山ガイド合わせて3時間程度の行程も可能です。

教育旅行のポイント

全国からいただいた支援に対して、感謝の気持ちを伝えられるようガイドを行っています。
震災時の様子や復興状況の説明だけでなく、命の大切さについて学ぶことができます。

お問合せ

<東松島市観光物産協会>
TEL:0225-87-2322
FAX:0225-87-3804
HP→https://okumatsushima-kanko.jp/index.php


≪お申込み方法≫
東松島市観光物産協会HP内にある申込用紙に記入し、FAXにて申し込み
https://okumatsushima-kanko.jp/sightseeing/

案内コース例

ガイド待ち合わせ

バス移動

<車窓コース>東松島市東日本大震災復興祈念公園でガイドと合流

津波で被災したJR仙石線旧野蒜駅舎が、震災の記憶を風化させることなく発信する場として、2016年10月にオープンした施設です。

バス移動

下車案内

バス移動

新町地区「長音寺」

津波により甚大な被害を受けた新町地区。長音寺は海岸から約500mの位置にあり、本堂や庫裏などが流失しました。現在は、鎮魂の碑が建てられています。ここで、犠牲になられた方々の冥福をお祈りします。

バス移動

車窓案内

バス移動

宮戸地区

比較的被害が少なく、避難生活時の拠点となった里浜地区と、津波により甚大な被害を受けた月浜・大浜地区を車窓でご案内します。新たな生活の拠点となった高台造成地も確認できます。

バス移動

下車・お買い物

バス移動

奥松島遊覧船案内所 ※お客様の要望による

バス移動

車窓案内

バス移動

野蒜高台丘陵地

被災した住民の移転先として新しい街並みが整備されています。

バス移動

ガイド終了

東松島市東日本大震災復興祈念公園

※上記行程は予定であり、当日の到着時間や行程中の状況に応じて時間の調整を行う場合があります。
※被災地は復旧作業等において日々状況が変化しております。当日の天候や現場の状況によってはご案内コースを変更させていただきます。

コースマップ